オフィスホームフィールド

日常の何気ない便利さや快適さ。たとえ小さなことでも、その積み重ねこそが人々のかけがえのない笑顔につながっている。私たちはそう信じています。1948年(昭和23年)「セロテープ®」の発売を開始した際、私たちはまず、その使い方を皆様にお伝えすることから始めました。人から人へ喜びや楽しさが伝わっていくように、日々の小さな便利さや快適さをていねいに伝えていく。環境への配慮にも積極的に取り組み、「愛される文房具づくり」をテーマにした多彩な製品群。そのひとつひとつに、変わることのないニチバンの姿勢が息づいています。

オフィスの作業を快適に

文房具やOAサプライ製品という、今やあって当たり前の製品。小さな製品群ですが、ちょっとしたアイデアがオフィスでの作業効率を改善し、快適さを演出しています。情報化が進む今日の社会において、ニチバンでは、様々なものやものごとを“つなぐ”をキーワードに、社会ニーズを的確に捉えた多様で幅広い製品を送り出しています。

文房具の楽しさを広げるために

多くのご家庭で長年愛され、使用されてきた『セロテープ®』、そして『粘着メモ』。人々の暮らしが多様化する中で、ニチバンは、個々のニーズにお応えする多種多様な製品づくりを進めるとともに、新たなテープの可能性を追求しています。セロテープ®や付せん紙で文具を使う楽しさを提案するパーソナル製品の開発にも分野を広げています。

Topics

まっすぐな切り口に新鮮な感動、「直線美

“テープの切り口がまっすぐだったら―”そんな願いを叶えた「テープカッター直線美」。切り口のギザギザを切り落として使用する方が意外と多いことから、直線の切り口が作れないかと試行錯誤を繰り返していました。セロテープ®発売60周年を迎えるにあたり開発された「テープカッター直線美」は、長年のこだわりと念願が詰まった安心設計。年齢を問わず誰もが安全に使え、まっすぐ美しい切り口はテープの新たな境地を切り拓きます。「直線美」シリーズのこれからに、ぜひご期待ください。

ページ上部へ