廃棄物削減への取り組み

廃棄物の削減

工場の廃棄物発生量・最終処分量・再資源化率のグラフ

ニチバングループでは、2012年にゼロエミッションを達成して以来、サーマルリサイクルを含めた廃棄物処理業者によるリサイクルの実施により、廃棄物の99%以上をリサイクルするゼロエミッションを維持しています。

有価物の管理

埼玉事業所では、環境目標として廃棄物削減を掲げ、その中でゴミとして廃棄してしまう”資源”を有価物にする取り組みを継続しています。今年度は紙および工程内で廃棄されるテープの基材を更に分別し、有価物への転換を進めて廃棄物の削減に取り組んでいます。事業所内にも取り組みが浸透し、一人ひとりの意識にも変化が見られるようになり、有価物への転換が進んでいます。

化学物質の管理

環境問題に対する関心の高まりから国内外で法規制の見直しや整備が進められており、環境有害物質に関する規制も厳しくなってきています。ニチバングループでは、お客さまから寄せられるさまざまな法規制に関する調査依頼に対応するため、原材料メーカーに対し、自社グリーン調達に基づいた調査を実施しています。調査では、原材料中に法規制等で禁止されている有害な化学物質の使用・含有がないかを確認するとともに、化学物質の管理状況の確認をお願いしています。

セロテープ®のバイオマス

インベントリでバイオマスプラスチックにより控除された量のグラフ

 バイオマスとは、資源作物、家畜排せつ物など、生物由来の材料から生成された有機資源です。この「バイオマス」を燃焼等することによりCO2が発生しますが、生物の成長時の光合成によって大気中のCO2が吸収されることでCO2を増加させずに排出削減に貢献することができます。
 ニチバンのセロテープ®の基材であるセロハンは、木材パルプを原料とした天然素材を使用しており、バイオマスマークの認定を取得しています。

 日本が国連に提出する温室効果ガスの排出・吸収目録(インベントリ)において、バイオマスプラスチックを焼却した時に発生するCO2をインベントリから控除する量が2014年度は9万トンCO2を超えています。
 日本におけるインベントリでバイオマスプラスチックにより控除された量は右図をご参照ください。

インベントリにおけるバイオマスプラスチックによる控除について詳細はこちら
日本バイオマス製品推進協議会

二酸化炭素排出控除に寄与したことの証明書

  • お問い合わせ

    製品に関するお問い合わせ

    フリーダイヤル 0120-377218

    TEL 03-5978-5622 FAX 03-5978-5640

    ※お電話の受付時間は、9:00~12:00、 13:00~17:00とさせていただいております。
    (土・日・祝日・年末年始・夏季休業期間を除く)
    ※フリーコールでつながらない場合は、恐れ入りますが、03-5978-5622におかけください。
    〈一部のIP電話(050-で始まる番号)、海外からの電話はフリーコールをご利用いただけません〉
    ※回答に正確を期すため、お電話はすべて録音させていただいております。

  • ご意見・ご感想はこちら

    ご意見・ご感想 送信フォーム

    ※こちらのご意見・ご感想にはご返答できません。あらかじめご了承ください。

    ニチバンアンケート

ページ上部へ