• トップ
  • ニチバン巻心ECOプロジェクトとは
  • 現地の方との絆でマングローブを育む
  • 環境学習教材として
  • プロジェクトに参加頂いた学校のご紹介
  • ニチバンの出前授業
  • ニチバンの環境への取組み
  • 参加のしかた
  • みんなの参加活動状況
  • これまでの活動結果
  • プロジェクト規約
  • 参加者シートダウンロード
  • 各ツールダウンロード

参加小学校の活動レポート

江戸川区立第三松江小学校(東京都江戸川区)をレポート! 鈴木先生・小池先生にお答えいただきました。

Q1貴校の環境に対するモットーや特色は何でしょうか? 自然環境(例えば巻心ECOプロジェクトへの参加や上履の回収)と校内環境(例えば挨拶をしっかりするとか、児童による見守り隊の実施)にプラスになることに力を入れています。

Q2今回の「ニチバン巻心ECOプロジェクト」のことはどのようにして、知りましたか? 毎年参加しており定着しています。参加のきっかけは、当初の先生から参加したい旨の相談があり実施することにした。

Q3本プロジェクトに参加しようとおもったのは、なぜでしょうか? ニチバン巻心ECOプロジェクトの趣旨に賛同したから。

Q4生徒の皆さんには、どのように参加をよびかけましたか? 環境委員会の児童が全校集会で手作りの巻心ECOプロジェクトのポスターを見せて参加を呼びかけました。また、廊下に手作りのポスターを掲示しました。期末には全校集会で集まった巻心の総数を発表しました。

Q5回収箱はどこに設置していますか? 手づくりの巻心回収箱を玄関前に設置しました。環境委員が回収した巻心を精査し、テープが残っていたらはいだりしました。

Q6巻心の集まり具合はいかがですか? 年度初めから巻心を集めています。家庭で使い終わった巻心を児童が持ってきたりしました。巻心受付は終了したが今も巻心の回収を続けています。

Q7本プロジェクトについてどう思われますか? 環境に良いことだと思うので継続してほしいです。

Q8出前授業についてどう思われましたか? 出前授業で初めて知ったこと(セロハンテープが燃えるゴミに出せる)もあり非常に良かったです。クイズもあり楽しく学べた。他方、環境教育の授業としては物足りないと感じました。例えばなぜフィリピンのマングローブが減ったのか説明が欲しかったです。授業がニチバンのコマーシャルになっていました。