• トップ
  • ニチバン巻心ECOプロジェクトとは
  • 現地の方との絆でマングローブを育む
  • 環境学習教材として
  • プロジェクトに参加頂いた学校のご紹介
  • ニチバンの出前授業
  • ニチバンの環境への取組み
  • 参加のしかた
  • みんなの参加活動状況
  • これまでの活動結果
  • プロジェクト規約
  • 参加者シートダウンロード
  • 各ツールダウンロード

参加小学校の活動レポート

座間市立相模が丘小学校(神奈川県座間市)をレポート! 八巻先生にお答えいただきました。

Q1貴校の環境に対するモットーや特色は何でしょうか? リサイクル活動や校内緑化活動と除草キャンペーン等、環境教育の推進に力を入れています。

Q2今回の「ニチバン巻心ECOプロジェクト」のことはどのようにして、知りましたか? ニチバンからのダイレクトメール。

Q3本プロジェクトに参加しようとおもったのは、なぜでしょうか? 環境問題について児童の意識を高めることができるから。

Q4生徒の皆さんには、どのように参加をよびかけましたか? 環境委員会の児童が高学年用、中学年用、低学年用にそれぞれ巻心ECOプロジェクトのポスターを作成し
各クラスに貼りました。また、廊下にニチバンの巻心ポスターを掲載しました。環境委員会の委員長が代表委員会で巻心の回収を呼びかけ、各クラスへの浸透を図りました。環境委員会が1ヶ月間の巻心回収強化月間を定め回収に力を入れました。

Q5回収箱はどこに設置していますか? 玄関前に設置しました。

Q6巻心の集まり具合はいかがですか? 1ヶ月間の巻心回収強化月間にたくさんの巻心が集まりました。家庭から巻心を持参する児童もいました。回収期間が終わった今も、引き続き設置して巻心を集めています。毎年参加しており巻心を集めることが定着してきています。

Q7本プロジェクトについてどう思われますか? 巻心ECOプロジェクトは児童が環境問題を考えるきっかけなってよいと思います。学校にとっても取り組みやすいプロジェクトなので是非今後とも続けてほしいです。

Q8出前授業についてどう思われましたか? 児童にとっては企業の話を直接聞けるので参加意欲が高いと思いました。環境委員会の児童にも聞いてほしいと思う内容でした。