• トップ
  • ニチバン巻心ECOプロジェクトとは
  • 現地の方との絆でマングローブを育む
  • 環境学習教材として
  • プロジェクトに参加頂いた学校のご紹介
  • ニチバンの出前授業
  • ニチバンの環境への取組み
  • 参加のしかた
  • みんなの参加活動状況
  • これまでの活動結果
  • プロジェクト規約
  • 参加者シートダウンロード
  • 各ツールダウンロード

参加小学校の活動レポート

椙山女学園大学附属小学校(愛知県名古屋市)をレポート! 川野先生にお答えいただきました。

Q1貴校の環境に対するモットーや特色は何でしょうか? ユネスコスクールの理念に沿って活動をしています。地球環境についても積極的に勉強しています。

Q2今回の「ニチバン巻心ECOプロジェクト」のことはどのようにして、知りましたか? ニチバンからのダイレクトメール。

Q3本プロジェクトに参加しようとおもったのは、なぜでしょうか? 環境委員会(4,5,6年生から構成されている)が地球のために何かできないかとさがしていたところに、環境のためになるニチバン巻心ECOプロジェクトに出会い、5年程前から参加しています。

Q4生徒の皆さんには、どのように参加をよびかけましたか? 環境委員会の児童が全校集会でニチバン巻心ECOプロジェクトの活動内容を説明し、参加を呼びかけました。

Q5回収箱はどこに設置していますか? 巻心回収箱は設置しませんでした。巻心を各クラスで集めて先生が受け取り、それを環境委員会が一括して大きな袋にまとめました。

Q6巻心の集まり具合はいかがですか? 児童が家庭で使い終わった巻心を持ってきたり、9月、10月に学習発表会があり、そこでも多くの巻心が集まりました。

Q7本プロジェクトについてどう思われますか? 児童にとっては巻心は集めやすかったです。1年位かけて巻心を集める児童もおり、環境に良いことだと思うので継続してほしい。

Q8出前授業についてどう思われましたか? 出前授業はわかりやすくとても良かった。5、6年生の環境委員会の児童にも聞かせたかったです。