• トップ
  • ニチバン巻心ECOプロジェクトとは
  • 現地の方との絆でマングローブを育む
  • 環境学習教材として
  • プロジェクトに参加頂いた学校のご紹介
  • ニチバンの出前授業
  • ニチバンの環境への取組み
  • 参加のしかた
  • みんなの参加活動状況
  • これまでの活動結果
  • プロジェクト規約
  • 参加者シートダウンロード
  • 各ツールダウンロード

参加小学校の活動レポート

邑南町立高原小学校(島根県邑南町)をレポート! 鳥内先生にお答えいただきました。

Q1貴校の環境に対するモットーや特色は何でしょうか? 本校は「緑を守る少年団」に加盟しており、2年に1度は植樹を実施しています。卒業証書は山でガンピ採集し自ら紙をすいたものを使用しています。周囲が山ばかりなので総合学習として森林に関する学習は活発です。

Q2今回の「ニチバン巻心ECOプロジェクト」のことはどのようにして、知りましたか? 事務の方がこのプロジェクトを見付け出し、初回以外はすべて参加しています(6回)。

Q3本プロジェクトに参加しようとおもったのは、なぜでしょうか? 参加後に花の種が贈られることも魅力。緑のカーテンを作ったり色々活用しています。

Q4生徒の皆さんには、どのように参加をよびかけましたか? 朝礼にて「奉仕環境委員会」より呼びかけをし、プルタブ・インクカートリッジと一緒に集めています。毎年参加しているため、年度によっての盛り上がりの差はあります。

Q5回収箱はどこに設置していますか? 学校の正面玄関に事務局より送付された回収ボックスを設置。プルタブ・インクカートリッジの回収ボックスも一緒に並べて設置。

Q6巻心の集まり具合はいかがですか? 今回は啓発不足のため例年より少なくなっています。

Q7本プロジェクトについてどう思われますか? 捨ててしまえばゴミとなるものを集めてリサイクルすることをこのプロジェクトを通して学習できます。

Q8出前授業についてどう思われましたか? ニチバンのセロテープ®を通して色々なことが学べて良いと思いました。セロテープ®以外のテープとを比較しても良いのではないでしょうか。この小学校では次回(来年)につなげられるよう3~4年生の授業としました。