• トップ
  • ニチバン巻心ECOプロジェクトとは
  • 現地の方との絆でマングローブを育む
  • 環境学習教材として
  • プロジェクトに参加頂いた学校のご紹介
  • ニチバンの出前授業
  • ニチバンの環境への取組み
  • 参加のしかた
  • みんなの参加活動状況
  • これまでの活動結果
  • プロジェクト規約
  • 参加者シートダウンロード
  • 各ツールダウンロード

参加小学校の活動レポート

鹿児島市立吉野小学校(鹿児島県鹿児島市)をレポート! 田中校長先生にお答えいただきました。

Q1貴校の環境に対するモットーや特色は何でしょうか? 桜島を正面に見れる自然豊かな環境で省電力、節水を呼びかけています。環境への感性、責任感を育むことに力を入れています。

Q2今回の「ニチバン巻心ECOプロジェクト」のことはどのようにして、知りましたか? ニチバンからのダイレクトメール。

Q3本プロジェクトに参加しようとおもったのは、なぜでしょうか? 粘着テープは家庭にもあるので、実体験にもとづいて児童たちに関心を持ってもらいたかった。

Q4生徒の皆さんには、どのように参加をよびかけましたか? 5、6年生からなる環境委員会が全校児童に巻心ECOプロジェクトへの参加を呼びかけました。環境委員が巻心ECOポスターを作り、廊下に掲載しました。

Q5回収箱はどこに設置していますか? 中央階段の1階に巻心回収箱を設置。回収期間が終わった今も、同じ場所に設置して巻心を集めています。

Q6巻心の集まり具合はいかがですか? 家庭から巻心を持参する児童もおり、期間終了後も巻心回収を続けています。

Q7本プロジェクトについてどう思われますか? 学校で3R(リデュース、リユース、リサイクル)を実践していて、ニチバン巻心ECOプロジェクトもゴミを減らすのに有効だと考えています。今後も本プロジェクトを続けてもらいたい。

Q8出前授業についてどう思われましたか? 出前授業は児童の環境への理解を助ける良い内容でした。振り返りをしたが児童もよく理解していました。ゴミについての勉強を補足できた内容でした。セロハンが木材からできていること等、出前授業で初めて知ったこともありました。