社員INTERVIEW

  • 2016年入社。
  • オフィスホーム 営業職。

オフィスホームの「第三の柱」を育てたい。

ニチバンに入社を希望した理由はなんですか?

偶然ですが、自ら調べた初めての企業がニチバンでした。その経緯は「優良企業」を特集した本で同社が目に留まったからです。セロテープ®が市場に定着しているという強みはもちろんなのですが、「粘着」を礎として多岐にわたるフィールドで、多種多様な製品を世に送り出していることに面白さを感じました。
また、青春を共にしたテニスで痛めた腰を支えてくれた、テーピングテープの会社であるという事実を知ったことも理由の一つです。

実際入社してみてどのような会社だと感じていますか?

入社以前より、「人」が良い会社だと度々聞いていましたが、実際その通りだと感じています。
なにより感謝しているのが、業務に対する自分の考えを尊重した上で、しっかりとバックアップしていただける点です。まだまだ未熟な成長段階において、個々の考えを汲み取っていただいた上で勉強させてもらえるというのは、非常に大きな成長に繋がると感じています。

ニチバン製品で一番好きな製品を理由とともに教えてください。

好きな製品:ケアリーヴ
「文具課やのに何でケアリーヴやねん!」と怒られそうですが、ケアリーヴです。
使用感・品質等を鑑みて、これ以外は使えないほど自分自身重宝しているのはもちろんなのですが、それよりも商談等、取引先やユーザーとの交流の際に活躍してくれる製品であるためです。普段から見慣れている文具だけではなく医療品等の話もすることで、ニチバンの歴史を知っていただける、かつ、「粘着技術に対する自信」のアピールにも繋がります。
もし私が薬品課や医療材課であれば、「好きな製品はセロテープ®です」と答えているでしょう。
これはニチバンの素晴らしい特長であると考えています。

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

文具店や量販店、官公庁等のユーザーを中心とした営業活動を行っています。それぞれ営業スタイルは違いますが、製品の良さ・導入メリットを伝えるという点は同じです。
具体的なメイン活動は、新製品の導入・定着を目指した内容です。ニチバンの文具フィールドには、セロテープ®・ナイスタックという2つの大きな柱が存在します。非常に心強い製品です。故に、それらに甘んじないためにも、現在は第三の柱を育て上げるべく新製品群に特化した活動を行っています。
それらを消費者にアピールするためには大型店での導入が重要となってきます。大型店のバイヤーの方に採用していただいたときの喜びは非常に大きいです。一気に多店舗での展開となるため、店頭で見かける度に我が子のように気にかけてしまいます。

仕事上で、一番思い出に残っているエピソードを教えてください。

新入社員の頃、自由に多くの販売店・ユーザーを回っていましたが、途中から「コンパル」という製品に可能性を見出して活動していました。万能な布テープ製品なのですが、「防災」という用途に特化した営業を行い、しゃにむにユーザーを訪問していたところ、最終的に様々な経緯を辿ってラジオ局に行き着くこととなりました。飛び込み訪問を行ったところ、運よく先方も防災番組を思案中とのことで、「しめた!」と思い「コンパル」について熱弁した結果、出演して紹介させてもらうことができました。
この活動でメーカーとして大切な商売の根幹を学んだと確信しています。
今思えば勝手な行動でしたが、上司のフォローに感謝しています。

仕事をしていてやりがいを感じる時、仕事をしていて嬉しかったことを教えてください。

「やりがい・嬉しさ」は総じて、結果が「数字」として表れたときに大きく感じます。
例えば、「販売促進企画の成功」「取引先との協同で掴んだノベルティ受注」「量販店バイヤーとの商談による多店舗配荷」など、大きく数字が反映されたときです。どれも様々な準備をした上で臨むことであるため、喜びが大きく、実にやりがいを得られます。
また、それらによってチームの目標達成に近づき、上司・先輩から「ありがとう」の言葉をかけられると笑顔になります。

チャレンジしたいこと、夢、ビジョンを教えてください。

チャレンジ・夢について述べます。
「チャレンジ」
ニチバンには大きくジャンル分けすると「モノに貼るテープ」「人に貼るテープ」の二つの領域が存在します。今現在は文具課ですので前者の領域にいますが、後者もいずれは経験して勉強したいです。営業方法として重なる点もあるでしょうが、違う点も多くあります。様々な営業経験を培うことで確実な成長を遂げ、ニチバンの成長にもつなげていきたいです。
「夢」
事業運営の指揮を執れる存在になること、です。

ある1日の流れ

 

 
取引先訪問
出張が多いため、宿泊先から直接訪問。
卸店の方々との情報交換等。

 

 
店舗訪問
陳列されている自社製品の状況確認・メンテナンス。
売場担当者から情報収集。

 

 
商談
企画の提案や展開方法の確認、新商品の紹介等を行う。

 

 
昼食
ランチは主に外勤先で。

 

 
店舗訪問
商談と商談の合間は店舗訪問。

 

 
商談
導入品の拡大や関連製品の陳列を提案。

 

 
移動
県外出張が主な為、事故を起こさぬよう安全運転を念頭に。

 

 
帰社
見積り等の内勤業務。

 

 
退社
内勤業務終了後、帰宅。先輩方とアフターファイブを楽しむこともしばしば。

他の先輩社員も見てみる