社員INTERVIEW

  • 2015年入社。工場 生産技術職。

変化するニーズに応え、喜ばれる製品を作りたい。

ニチバンに入社を希望した理由はなんですか?

大学で勉強した化学を活かせ、人々の生活に役立つような製品に携わりたいと考えていました。
大学での研究の中で、ニチバンの核となる技術である「粘着」について知り、貼ってその後に剥がせなければいけないという独特の機能に興味を持ちました。セロテープ®やナイスタックなど幼い頃から知らず知らずのうちにニチバン製品を使っていたことや、日常と密接に関わっていることも大きかったです。社員の方々と関わっていく中で、いつもあたたかさや優しさを感じ、この人たちと一緒に働きたい、この会社で働きたいという気持ちが強くなり、決め手となりました。

実際入社してみてどのような会社だと感じていますか?

入社後もそれ以前に感じていた雰囲気とあまり変わらない印象です。同じ部署・他部署の先輩方が親身になって接してくれ、助けられながら日々仕事に努めています。アットホームな雰囲気があり、企業理念にもある「ニチバンにかかわるすべての人々の幸せを実現します。」について、社内から実践できているように感じます。

ニチバン製品で一番好きな製品を理由とともに教えてください。

好きな製品:ケアリーヴ
初めて使ったときは衝撃を受けました。少し汗をかいたり、激しく動かしたりするとすぐに剥がれてしまうイメージがあり、救急絆創膏自体あまり好きではありませんでした。しかしながら、ケアリーヴは運動や皿洗いをしても蒸れたり剥がれることはあまりありません。「一度使えばこれしか使えない!」と思うほど虜になる一品で、ぜひ皆さんに使っていただきたいです。

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

現在所属している生産技術課では、文具製品や産業向けテープの工程管理、製品の品質向上・コストダウン等を中心に担当しています。
担当製品はセロテープ®やナイスタック。お客様からのクレーム対応や製造工程で発生したトラブル対応、原材料の仕様変更など仕事は多岐にわたります。製品の品質面でより良いものを目指すと同時に、しっかりと利益を稼ぐことができるようにコスト面も重視して取り組みます。テープの評価やテーマの基礎検討は1人で行うこともありますが、生産機を使った実験などは現場と、設備に関わる部分は工務課と連携しながら進めていきます。

仕事上で、一番思い出に残っているエピソードを教えてください。

2016年度は発売50周年を迎えたナイスタックのリニューアルに携わりました。新規格品に関わる工程及び品質確認、ホルダーパッケージのデザイン確認や工程確認を行いました。大幅にデザインが変更され、お客様にどう受け取られるのか不安な部分もありましたが、店頭に製品が並び、手に取って頂いているのを見て安心しました。

仕事をしていてやりがいを感じる時、仕事をしていて嬉しかったことを教えてください。

工場は生産部門として納期対応を迫られることがあります。急な対応で、普段生産している設備ではなく、別の設備での生産が必要になったことがありました。時間が限られている中、生産方式が違う、原材料のサイズも違うなど、様々な課題がありました。関係部署の皆さんにご協力いただきながら、何とか製品ができたときは非常にやりがいを感じました。

チャレンジしたいこと、夢、ビジョンを教えてください。

目まぐるしく世の中が変化していく中で、私自身も会社自体もその変化に対応していかなければならないと考えています。既存製品が今後安定的に買われる保証はなく、その都度需要に合う製品を提供していかなければなりません。そして、粘着テープの新たな活用方法を提案していく必要があると考えます。産業や日常生活において、「便利だ!」、「このテープが必要不可欠だ!」と言われるような製品を提供できるように、新製品の設計・開発、既存製品の改良に携わっていきたいと考えています。

ある1日の流れ

 

 
朝礼
当日の課内予定の確認と体操をします。
メールチェックと自分のスケジュールの確認をします。

 

 
試作
品質向上のための生産条件変更や原材料変更などのテストを行います。
原材料等を持ち込む場合は、自分で運搬なども行います。

 

 
昼食
工場には食堂があるのでいつも利用しています。
他部署の同期と話したり、時にはデスクで昼寝も。

 

 
商談
テストサンプル評価結果の報告等を行います。
確認漏れで後々困らないように気をつけています。

 

 
評価
試作品等の評価を行います。
試作時の条件数が多いと膨大な時間がかかります。

 

 
書類作成
試作の報告書やクレームの回答書等を作成します。
記録として書面に残しておくことは大切です。

 

 
退社
時にはもっと遅くなる日も。
定時は16:30なのでアフターも十分楽しめます。

他の先輩社員も見てみる