社員INTERVIEW

  • 2006年入社。
  • 研究職を経て2011年より開発職。

冷静に見渡す目と、挑戦する心。

ニチバンに入社を希望した理由はなんですか?

興味のある化学系の分野で、一般消費財のものづくりに携わりたいと思い、就職活動をしていました。 最終的にニチバンに入社する決め手となったのは、会社説明会で開発部の仕事説明をしてくれた女性の先輩が、とても生き生きとしていて、女性が活躍できる土壌があると感じたこと。そして、開発部の業務内容が、製品の最初から最後まで携われる内容であり、やりがいがありそうだと感じたためです。

実際入社してみてどのような会社だと感じていますか?

女性の働きやすさの点では、入社直後から男女の差を感じずに仕事ができています。2年間の産休・育休を経て復帰し、短時間勤務で仕事を続けて3年目ですが、継続して働きやすい体制を整えてもらえていることを感じます。
また、入社年数が浅くても、やる気や行動力があれば責任のある仕事を任せてもらえます。

ニチバン製品で一番好きな製品を理由とともに教えてください。

好きな製品:テープカッター直線美大巻用・正確テープのりtenori
やはり、自分の携わった製品は子供のようにかわいく感じ、順位がつけられません。
特にこの2製品は苦労も多かったですが、自分の中で非常に学びの多かった商品であり、その時の最善をつくせたという達成感と共に上市できた製品です。

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

テープ事業本部、テープ開発部で、オフィスホーム製品(一般消費財)の開発をしています。
業務の内容としては、大きく下記の4種類です。

  • 市場調査からまったく新しい製品の企画立案、既存製品を拡販するための新製品・改善品の企画立案
  • 他部署や社外の協力会社と共にものづくり(機器やテープの機構設計、パッケージ設計、知的財産権管理等)
  • 販売準備(商品やパッケージのデザインを作成、価格設定、販売数量の調整、営業資料の作成等)
  • 上市後の育成(売れ行きや品質情報を確認し、販売拡大のための企画を検討する)

業務内容は非常に幅広く、多岐に渡っていますが、主体となるのは企画、計画、評価、管理をする部分で、実際に形作っていくのは他部署や協力会社の手を借り進めます。

仕事上で、一番思い出に残っているエピソードを教えてください。

入社3年目に担当した「テープカッター直線美大巻用」という商品の開発業務の中で“高級なテープカッター=売れないのでは?”という社内の空気が根強く、社内資料を整える既存のやり方では壁を越えられないという危機感を持ちました。
消費者認知度UPのために、他部署で行っていたメディアへの新製品の紹介活動を自分自身で行い、開発の想いや苦労、技術を記載した資料を作成し、暑苦しいほどの想いを伝え歩きました。当時の機能文具の流行という運も味方して、発売と同時にほとんどの文具雑誌をジャック、TVでも取り扱っていただき、自分の力で社内外の空気を変える事が出来た!という達成感を感じた瞬間でした。

仕事をしていてやりがいを感じる時、仕事をしていて嬉しかったことを教えてください。

前述のように、社内外の空気を良い方向に変える事ができた時にやりがいを感じます。開発の仕事は一人で完結するものではなく、「作る」「売る」それぞれの段階で、関係者に100%(願わくばそれ以上!)の力を出してもらう事が重要で、最も難しい部分です。空気を変えられるような大きな経験は稀ですが、テーマを進める中で一つ一つの作業でやりきった!と思える事が、自分にとってのやりがいであり推進力になっています。

チャレンジしたいこと、夢、ビジョンを教えてください。

突破口を開く。
長く携わっているオフィスホームという市場は、成熟市場にあたります。今までのやり方・考え方に安住するのではなく、冷静に見渡す目と、挑戦する心を持てる自分でありたいと思っています。日々、「それが大事」を心の中で歌いながら、自分を鼓舞しています。

ある1日の流れ

 

 
出社
メールチェックや今日やる事の優先順位付けをします。

 

 
企画書作成
9:30~12:00 数日かけて作成します。

 

 
昼食
部署の先輩・後輩と一緒に外に食べに行くことが多いです。

 

 
市場調査設計
社内・社外で調査(WEBや会場など)をする方法や内容の検討。

 

 
試作品実用評価
設計部署から出てきた試作品の仕上がりを確認・実用評価します。

 

 
打ち合わせ
社内・社外の方と、開発の方向性の打ち合わせ。

 

 
退社
15:30に退社します。(時短勤務中)

 

 
保育園お迎え・夕飯作り

 

 
夕飯

 

 
洗濯・お風呂

 

 
寝かしつけ

 

 
就寝
子供と共に就寝します。(朝は4時頃に目覚める事が多いです)

他の先輩社員も見てみる