社員INTERVIEW

  • 2015年入社。工場 生産技術職を経て
  • 2016年より研究職。

携わった製品が、お客様に届く日のために。

ニチバンに入社を希望した理由はなんですか?

病気で苦しむ患者さんやその周囲の方々の負担を軽減するためには、新たな貼付剤が必要であると考え、ニチバン独自の粘着技術にその開発の可能性を感じたからです。ニチバンは粘着技術を軸として文具、工業品、医療材、医薬品と様々な分野で製品開発を行っており、それぞれが持つ高い技術力によってこれまでにない新たな開発が出来るのではないかと感じたことでニチバンへの入社を希望しました。また、就職活動を通して、ニチバン社員の方々の温かい雰囲気に触れられたのも入社を決めた理由の一つです。

実際入社してみてどのような会社だと感じていますか?

設計部署には様々な部署を経験している社員が多く、各部署でそれぞれ培った技術力を分野問わず共有が出来ているなと感じます。そうして設計された製品を、製造まで社内で行っているため、担当製品に責任感を持っている社員が多いと感じます。
また、就職活動で感じたように社内の雰囲気はとても温かく、さらに福利厚生もしっかりしており、非常に働きやすい職場環境であると感じています。

ニチバン製品で一番好きな製品を理由とともに教えてください。

好きな製品:ロイヒつぼ膏
入社1年目に工場の生産技術開発課に所属し、ロイヒつぼ膏の工程改善に関わり、現在の生産の力になれた思い入れのある製品だからです。インバウンド需要により増産が必要となった時、製造部門と協力して実験を繰り返し、増産に繋げることが出来ました。現在も無事に製品をお客様の元に届けられていることに喜びを感じています。また、製品自体も好きです。一枚一枚が小型で使い勝手が良く、一枚でも十分な温感刺激があるため、肩こりを感じた時はいつもロイヒつぼ膏を貼っています。

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

経皮吸収型製剤の開発・設計を担当しています。経皮吸収型製剤は有効成分を皮膚から血液中に送り込み全身作用を目的とした貼り薬です。医薬品であるため、有効成分が必要な量だけ皮膚を通過して血液中に運ばれなければいけません。また、貼る薬なので、剥がれにくくかつ皮膚刺激は少なくないといけません。これらの要求品質を満たすように、テスト製剤を作製して有効成分の含量や皮膚への透過性、製剤の粘着力や刺激性などを測定・評価しています。実験ではいつも思い通りの結果が出るとは限りません。その失敗から原因を深掘りし、次の可能性を選択していきます。このように試行錯誤を繰り返し、患者さんにとってやさしく、そしてしっかりと効く製剤の製品化に向けて日々業務に励んでいます。

仕事上で、一番思い出に残っているエピソードを教えてください。

医薬品製造工程の設計を担当している時に、撹拌工程において製造時間の大幅な短縮が出来たことが思い出に残っています。なかなか均一に混じり合わない原料について、製造機メーカー数社の数十種類の撹拌機を用いて何度もテストを行い、時間短縮を達成する事が出来ました。それまでにはメーカーの方と共に実験を行い、失敗からお互いの見解を話し合い、実験を繰り返し行いました。社外の方と意見・情報を交換をすることで目標を達成したという点でも思い出に残っています。

仕事をしていてやりがいを感じる時、仕事をしていて嬉しかったことを教えてください。

医薬品の設計において、責任のある仕事を任され、製品に直結するような提案が出来ることに日々やりがいを感じて業務に励んでいます。若手であっても一人一人の意見はしっかりと聞いてもらえますし、提案する機会は平等に与えられます。チーム内で意見を出し合い、試行錯誤し、製品化に向けて着実に進められた時は嬉しかったです。
また、工場の工程改善を担当していた時は、増産対応やコストダウン対応など成果が分かりやすく数字として表れる仕事内容であったため、目標を達成した時は成果を実感し、とても喜びを感じました。

チャレンジしたいこと、夢、ビジョンを教えてください。

まずは今担当している製剤が患者さんの手に渡る日まで責任を持って日々の業務に取り組んでいきます。その後は多くの医薬品の設計・開発に携わり知見を広げ、患者さんにとってやさしい製剤を提供し続けたいと思います。また、製品開発だけではなく、これまでにない経皮吸収技術の開発を行い、有効成分が高分子量であるがゆえに錠剤や注射剤でしか治療出来ない病気に対して、貼付剤という選択肢を増やしていきたいと思っています。

ある1日の流れ

 

 
出社
メールの確認をした後、今日一日のスケジュールを確認します。

 

 
掃除
各担当部屋の清掃活動をします。
使いやすい環境になるように棚の購入・設置なども担当者が行います。

 

 
打ち合わせ
チームで打ち合わせを行います。
先週の結果をチーム内で共有し、足並みを揃えて実験を進めていきます。

 

 
実験準備
午後の実験に向けて試料の調製等を行います。

 

 
昼食
社員食堂で同期とお昼ご飯を食べます。
午後に向けての栄養補給です。

 

 
実験
午前中に調製した試料について分析を行います。
分析結果が出たらデータの解析を行い、結果について考察します。

 

 
片づけ・退社
今日と明日のスケジュールを再確認した後、デスクの上をきれいにして帰宅します。

 

 
帰宅
帰宅後は趣味の時間です。
映画鑑賞やジョギングなどをしてリフレッシュしています。

他の先輩社員も見てみる