社員INTERVIEW

  • 2004年入社。工場 工務職・開発職を
  • 経て2016年より設備統括担当。

信頼を生む仕事。
生産設備がメーカーを支えている。

ニチバンに入社を希望した理由はなんですか?

ものづくりが好きで機械工学系の大学に進学し、就職先も機械メーカーを探していました。
就職活動をしていく中、ニチバンで機電系の学生を募集しているとの話を聞いて会社説明を受けました。説明前、ニチバンは化学系のメーカーであり正直ピンとこないところがあったのですが、メーカーである以上製品を製造する生産設備があり、その設備の保全や導入など、機械メーカーでは味わえない、よりものづくりに近いところで機械に携われそうだと感じたため、入社を希望しました。

実際入社してみてどのような会社だと感じていますか?

社員間での絆を大切にする、あたたかみのある会社だと感じています。
入社してすぐ設備を保全する部署に配属となりました。いくら機械系の学校を卒業したといっても、社会人になってすぐ通用するスキルを持っているわけではなく、右も左も分からないときに同じ部署の先輩方から、一つ一つ丁寧に仕事の仕方を教えてもらえ、とてもうれしかったことを記憶しています。
いくつか部署を経験しましたが、どこの部署でも同じように感じました。絆を大切にしている社風だからこそ社員間の接し方もあたたかみがあるのだと思います。

ニチバン製品で一番好きな製品を理由とともに教えてください。

好きな製品:セロテープ®
一番好きなニチバン製品であり、よく使ってきた製品でもあるセロテープ®です。
子どもの頃、工作が大好きで、お菓子の箱や牛乳パックを好きな形に切り抜いてはセロテープ®で貼り合わせて、いろいろなものを作って遊んでいました。子どもでも簡単に扱えて何でも作ることができるセロテープ®は、私にとって遊びに欠かせないものになっていました。 昔からものづくりが好きで大人になった今も、ものづくりの仕事に携われるのは、セロテープ®があったからかもしれません。

現在の仕事内容を具体的に教えてください。

ニチバン製品を製造している工場における設備投資状況の進捗管理や、工場設備の将来像の構想をすることが現在の仕事です。工場の設備はより効率的に生産ができるように進化していかなければなりません。そこで工場では新しい機械の選定や、生産ラインの設計をする計画を立てます。そのような計画がスムーズに進むように日々取り組んでいます。
実際に機械を選定したり生産ラインを設計したりすることは工場に配属されている社員が行うので、現在の部署では管理的な業務が主体となります。ですが、場合によっては自分で直接工場へ行って現場を確認し機械の選定や生産ラインの設計をすることもあります。

仕事上で、一番思い出に残っているエピソードを教えてください。

工場の生産設備を新しいものに入れ替える工事をした際、設置工事を依頼した機械メーカーの方から「ニチバンさんと一緒に仕事ができて良かった」と言っていただけたことです。
生産設備を新しくするという仕事はニチバンだけではなく、設備を造る機械メーカーや施工をする工事業者など他の会社との共同作業になります。工事の計画から施工、生産までの工程をいかにトラブルを少なく、スムーズに進められるかが大切なのですが、それらが十分に達成できたと思える一言でした。

仕事をしていてやりがいを感じる時、仕事をしていて嬉しかったことを教えてください。

設備を新しくするという仕事は構想段階から稼働させるまでに1年近く、大規模な設備だと2~3年もかけて取り組むことになります。また、取り組む人も社内の関係部署の他に、社外の人とも協力しながら推進します。多くの時間をかけて準備し、いろいろな人の努力の末完成した新設備が動き出し、想定していた通りの品質で製品が出来上がる瞬間はとてもうれしく、大きな達成感を感じます。

チャレンジしたいこと、夢、ビジョンを教えてください。

ニチバンの工場内には粘着剤を製造する機械から製品のパッケージを包む機械まで多種多様な機械にあふれています。そのため生産設備を管理してゆくには幅広い知識と知恵、過去の諸先輩から受け継いできたものづくりのノウハウが必要になります。それらを集約して新しい設備を入れる際の糧とし、メーカーとしてより良い製品を生み出せる工場になるような生産設備を考えてゆきたいと考えています。

ある1日の流れ

 

 
出社
出社後はメールをチェックします。
その後スケジュール帳を見ながら一日の仕事の流れを考えます。

 

 
資料チェック
設備仕様書、図面の確認。 設備を新しくするような場合は資料をチェックします。

 

 
昼食
社内にお昼ごはんを食べるスペースがあるのでそちらでお弁当を食べます。

 

 
商談
設備メーカー様から情報収集。 最新の設備情報をメーカー様から収集します。

 

 
資料作り
収集した情報をまとめて関係する部署に発信できるようにします。
場合によっては工場へ行って、実際に設備を確認しながら資料の材料を収集します。

 

 
帰社
机まわりを整理してから会社を出ます。

他の先輩社員も見てみる