研究本部

木下 武治 2012年入社 研究職

  1. 1.ニチバンを選んだ理由は?
    人々の生活に役立つ製品を開発したい!できれば自分が使ったことのある製品に携わりたい!さらにできれば優しい人達に囲まれて仕事がしたい!!この思いに合致した会社だったからです。
    小さい頃から家に必ずあったセロハンテープや部活時に使用していたテーピングテープなど、一度は使ったことのある身近なものが実はニチバン製品だったことから、非常に興味を持ちエントリーしました。その後、説明会や選考を重ねる中で、社員の方々の優しい雰囲気に完全に魅かれ入社を決めました。
    現在は、温かくも切磋琢磨し合える環境の中で実際に開発の仕事ができ、充実した日々を送っています。なにげなくニチバンにエントリーした就活中の自分に感謝です。
  2. 2.現在どのような仕事をしていますか?
    製品開発と基礎研究の二つの仕事をしています。
    製品開発の仕事は新製品の粘着剤の検討や基材の選定などの「設計」、設計したサンプルの特性を調べる「評価」、さらには製造方法の「検討」など幅広くあります。これら全ての仕事に携わり、理想のものを作り上げていきます。基礎研究は粘着剤の主材料の一つである「天然ゴム」に注目して、天然ゴムが粘着剤材料として優れる理由をX線回折を用いて調べています。未解明な現象を明らかにして今後に役立つ知識を生み出すことも大切な仕事です。
    失敗と改良を重ね成功を見つけ出す仕事なので地道な努力が必要ですが、困難な課題をクリアしたときの達成感と携わった製品を多くの人に使ってもらえる嬉しさが私のやりがいです。
  3. 3.就職活動をする学生へ一言アドバイスをお願いします!
    どんなときでも後悔をしないでほしいと思います。長い就活を経ていろいろな企業と出会い、書類選考や面接など一発勝負をたくさん経験されると思います。連敗が続くと自暴自棄になり全て放棄したくなりがちですが、そんなときに運命の企業との出会いがあるかもしれません。出会える機会を逃さないでください!また、「就活は恋愛と一緒。どちらか片方が好きになっても両思いでないと実らない」と言われるほどなので、書類(ラブレター)でも面接(デート)でも決して後悔がないよう全力でアピール(プロポーズ)し、企業(意中のあの人)の内定(ハート)を掴みましょう!皆さんが最後に選んだ企業がニチバンであることを祈っています!!

戸原 侑希子 2012年入社 研究職

  1. 1.ニチバンを選んだ理由は?
    現在、医薬品には経口剤、注射剤など様々な剤形がありますが、その中でも痛みを伴わず、嚥下困難な患者様にも適用できる貼付剤に興味があり、貼付剤を扱っているニチバンに入社したいと就職活動をしている時に考えました。また、ニチバンの製品であるセロテープ®やナイスタックは子供の頃から使っており、新しい文房具の開発もしてみたいと思い、ニチバンへエントリーしました。面接などでニチバンの方とお話すると、アットホームな雰囲気を感じて、ますますニチバンへの興味が増しました。入社した後も会社の雰囲気は面接のときに感じたとおりで、優しい社員の方々に囲まれた環境で仕事をしています。
  2. 2.現在どのような仕事をしていますか?
    経皮吸収製剤の開発・研究をしています。経皮吸収製剤とは皮膚に貼ると薬が皮膚を介して体内に吸収され、効果を発揮する製剤のことです。ニチバンの良いところは製剤設計から市場へ出すまでの全工程に関われることです。仕事内容は、製剤設計、品質評価の繰り返しであり、分からないことは調べたり先輩に聞いたりして学んでいます。具体的には試作機で作った製剤を用いて、薬物が製剤中に100%入っているか、薬物が分解していないか、製剤から薬物が放出されるかなどを試験し、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)で分析しています。様々な試験に携わるので失敗も多いですが、うまくいったときや良い結果が出てくるととても嬉しくやりがいを感じます。
  3. 3.就職活動をする学生へ一言アドバイスをお願いします!
    就職活動中は将来何をしたいのか、どんな会社へ入社したいのか自分に問いかけることが大事だと思います。毎日エントリーシートの作成、試験、面接と忙しいと思いますが、興味を持った会社のことはしっかり調べ、その会社に生涯勤め続けたいと思えるか想像してください。また、説明会や面接では社員の方々と接することで会社全体の雰囲気を感じることができます。その雰囲気が自分の求めているものと一致するか考えてみてください。自分が納得できる会社に入社できれば、楽しい社会人生活が待っています。へこむこともあるかもしれませんが、終わってみればいい思い出になりますので果敢に挑戦してください。

ページ上部へ