• ヘルスケア製品
  • ステーショナリー
  • 医療従事者向け製品
  • 産業向け製品

プレゼント・キャンペーン

ナイスタック プラスチック用

  • mixiチェック

プラスチックの貼り合わせに最適。スポンジ素材の超強力タイプ。

材質

基材 : 発泡ポリエチレン
粘着剤 : ゴム系
はく離紙 : 紙

環境情報

  • この商品は、グリーン購入ネットワーク(GPN)が運営する「エコ商品ねっと(GPNデータベース)」に当社の判断で選んで掲載している商品です。同サイトは、GPN購入ガイドライン対応商品やグリーン購入法適合商品を掲載し、商品選択の際に比較可能な環境データを提供するものです。(※同ネットの掲載商品はGPNが推奨するものではありません)

  • ■グリーンマーク認定商品

    [公益財団法人 古紙再生促進センター認定]
    古紙の再生利用の意識の認識と社会環境緑化の推進を目的としています。

※マークにカーソルを合わせると説明が表示されます。

構造

粘着力

特長

  • ポリエチレン、ポリプロピレンに対して、優れた接着性を有します。
  • 巻心は再生紙を使用しています。
  • ホルダーはミシン目つきで、分別廃棄がしやすいです。

※カッターは付いていません。

ナイスタックシリーズは、約90%の被着体に対応できるようになりました!

ニチバン両面テープナイスタックシリーズは紙、画用紙、厚紙、段ボール木材、プラスチック、布と両面テープを使用する被着体の約90%に対応しています。
その他のナイスタックシリーズはこちら

ページ上部へ

用途

  • 付きにくいプラスチック素材の貼り合わせに。

ページ上部へ

使用方法

説明写真をよくご覧いただき正しくお使いください。

ナイスタックは左のイラストのような構造です。
(基材によってはカッター刃がついておりません)

テープは必ずはく離紙をつけたまま引き出してください。

はく離紙をつけたままテープをカットします。

切り取ったテープをはく離紙をつけたまま使いたいところにに貼ってください。

はく離紙をはがして目的のところに貼ってください。

ページ上部へ

使用上の注意

はく離紙だけをはがしてしまうと両面テープの部分が外側になってしまいます。

こうなると両面テープがパッケージの部分にくっついてしまいスムースに使えなくなります。

左写真のようになった場合は下記のようにしてください。

両面テープの部分を端からはがします。

端がわからないときはカッターなどで両面テープに切れ目を入れ、その部分からはがしてください。

そのまま両面テープのみを引き出します。

1周引き出すと、はく離紙が出てきますので、そこをカットしてください。

※これで正常な状態に戻ります。あとは正しい使い方に従ってお使いください。

ページ上部へ

ラインナップ

1. NW-UP15SF

2. NW-UP15

  品番 サイズ
(mm×m)
希望小売価格 備考 環境情報
1 NW-UP15SF 15×1.2 450円+消費税 小巻
  • この商品は、グリーン購入ネットワーク(GPN)が運営する「エコ商品ねっと(GPNデータベース)」に当社の判断で選んで掲載している商品です。同サイトは、GPN購入ガイドライン対応商品やグリーン購入法適合商品を掲載し、商品選択の際に比較可能な環境データを提供するものです。(※同ネットの掲載商品はGPNが推奨するものではありません)

  • ■グリーンマーク認定商品

    [公益財団法人 古紙再生促進センター認定]
    古紙の再生利用の意識の認識と社会環境緑化の推進を目的としています。

2 NW-UP15 15×2 650円+消費税 大巻

→旧パッケージ品はこちら

長らくご愛顧いただきました「ナイスタック 超強力 プラスチック用」につきましては、
製品名、パッケージをリニューアルいたしました。

ページ上部へ

よくあるご質問

粘着部分が上になってしまい、逆に巻かれているので使えません。なぜなのでしょうか?直せますか? 開く閉じる
原因は剥離紙だけを先に剥がしてしまうと起こります。粘着剤のベタベタ部分だけを円周一周分剥がすと元に戻ります。直し方は「ナイスタック使用上のご注意」をご覧ください。
耐熱性はどのくらいですか? 開く閉じる
耐熱用のテープではありません。約60℃とお考えください。
粘着剤が取れなくて困っています。良い除去方法がありませんか? 開く閉じる
ニチバン テープはがし強力タイプTH-K50(50ml)、TH-K220(220ml)、また、プラスチック面に付着したテープやのり残りを除去するにはテープはがしプラスチック用をご利用ください。ムース状のスプレータイプですが噴射力が強いため、目などに入らないようご注意ください。また、皮革、塗装面を浸かすことがありますから充分ご注意ください。「使用上の注意」をご熟読ください。変質が懸念されるものには、事前に目立たない所でテストをお薦めします。

その他のよくあるご質問はこちら

ページ上部へ

ページ上部へ

ページ上部へ

ステーショナリー

  • カテゴリーから探す
  • 特性から探す
  • 製品名から探す
  • 新製品情報
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問