セロテープ®は、ベースになるセロハンフィルムに、はく離剤と下塗剤・粘着剤(糊)を塗布したものを裁断、包装して作られます。
セロハンフィルムの製造
セロハンフィルムは、木材パルプを溶かして、狭い隙間から押し出して、フィルム状に凝固させる方法で作ります。
木材パルプ アルカリ浸漬 ビスコース 凝固・洗浄 乾燥・巻取
はく離剤・下塗剤の塗布
セロテープ®は、セロハンフィルムに粘着剤を塗布すればでき上がるのですが、その前に、まずセロハンの背中側にはがれやすくする処理を施し(はく離剤を塗布し)、反対に内側には粘着剤とセロハンフィルムがしっかりくっつくような処理(下塗剤を塗布)をします。
(塗布の厚さは1ミクロン())

※ミクロン:1ミリメートルの1000分の1の長さの単位
粘着剤の製造
粘着剤は、天然ゴムをローラーで練って溶剤(液体)の中に入れ、樹脂や老化防止剤を加えて、よくかき混ぜて作られます。
粘着剤塗工と巻取
セロハンフィルムに粘着剤を塗りながら、いったん巻き取ります。(ちなみにセロテープ®の厚さは50〜55ミクロン)
裁 断
広幅で巻き取られたセロテープ®を製品サイズに裁断します。
裁断方法は、広幅のセロテープ®を心に巻いたまま細幅(普通12〜24mmの製品サイズ)に裁断するスライサー方式と、巻き取ったセロテープ®をほぐしながら(巻き戻しながら)細幅に切って、すでに製品サイズ(普通12〜24mm)にカットされた心に巻き取っていくスリッター方式の2種類の方法で裁断します。
スライサー方式 スリッター式
包 装
スライサー方式 最後に粘着力などの検査の後、自動包装機で包装されてセロテープ®ができ上がります。
 

HOMEトピックスのインデックスへ産業用テープのトップへ

Copyright(C)1999 NICHIBAN CO., LTD. All rights reserved.