環境マネジメント

環境会計

ニチバンは、1999年度から環境コストとその効果を算出する独自の環境会計を導入しています。

集計についての考え方

  • 集計範囲:
    本社、埼玉工場、テープ安城工場、大阪工場、グループ会社3社
  • 対象期間:
    2016年4月1日~2017年3月31日
  • 環境保全コストの算定基準:
    【設備投資】 対象期間内に環境保全に係る設備投資額を集計しました。年度をまたがる場合は、当期分の金額を集計しています。
    【費  用】 人件費は、環境配慮製品の研究開発および環境保全活動ごとに必要となる人員と時間に平均時給を乗じて集計しています。減価償却費は、固定資産台帳をもとに環境保全活動に係る設備を対象とし、5年分を集計しています。

環境保全コスト

(単位:千円)

分類 主な取り組み内容 2015年度 2016年度
投資額 費用額 投資額 費用額
1. 事業エリア内コスト 環境負荷を抑制するための環境保全コスト 440,382 332,115 46,451 362,081

1.1 公害防止コスト 公害防止(大気汚染・水質汚濁など)のための費用 2,680 156,366 15,750 137,505
1.2 地球環境保全コスト 地球環境保全(地球温暖化防止・省エネルギーなど)のための費用 61,524 47,731 17,377 34,727
1.3 資源循環コスト 資源の有効利用および廃棄物のリサイクル・適正処理のための費用 376,178 128,017 13,324 189,850
2. 上・下流コスト グリーン購入およびグリーン調達のための費用
製品の容器包装リサイクル費用
0 13,581 0 17,389
3. 管理活動コスト 環境マネジメントシステム運用・維持のための費用
環境情報の開示および環境広告のための費用
環境負荷の監視および管理のための費用
0 147,635 0 110,144
4. 研究開発コスト 環境配慮製品開発のための人件費
環境配慮製品開発のための費用
0 100 0 100
5. 社会活動コスト 地域社会への環境活動費用
環境団体への寄付金
0 0 0 0
6. 環境損傷対応コスト 環境汚染(大気汚染・土壌汚染など)に対応する保険料 0 0 0 0
合計 440,382 493,430 46,451 489,714

環境保全効果

集計範囲:3工場・3グループ会社

環境保全効果 環境負荷指標
効果の内容 2015年度環境負荷量 2016年度環境負荷量 対前年度環境負荷増減量
および効果
CO2 排出量 22,834 t-CO2 23,688 t-CO2 854 t 増
廃棄物発生量 4,518 t 4,351 t 167 t 減
水使用量 653 千m3 684 千m3 31 千m3
PRTR対象物質排出量〈総量〉 510 t 556 t 46 t 増
その他の効果
(環境負荷低減の製品開発など)
  製造工程での溶剤回収率の向上による環境負荷低減

※2016年度よりCO2排出量の算定方法を見直し、排出係数を変更しました(前年度も同様に変更し、算出しています)

環境保全対策に伴う経済効果

(単位:千円)

効果の内容 2015年度 2016年度
金額 金額
収益 事業活動で生じた廃棄物のリサイクルによる収入 7,296 7,882
合計 7,296 7,882
  • お問い合わせ

    製品に関するお問い合わせ

    フリーダイヤル 0120-377218

    TEL 03-5978-5622 FAX 03-5978-5640

    ※お電話の受付時間は、9:00~12:00、 13:00~17:00とさせていただいております。
    (土・日・祝日・年末年始・夏季休業期間を除く)
    ※フリーコールでつながらない場合は、恐れ入りますが、03-5978-5622におかけください。
    〈一部のIP電話(050-で始まる番号)、海外からの電話はフリーコールをご利用いただけません〉
    ※回答に正確を期すため、お電話はすべて録音させていただいております。

  • ご意見・ご感想はこちら

    ご意見・ご感想 送信フォーム

    ※こちらのご意見・ご感想にはご返答できません。あらかじめご了承ください。

    ニチバンアンケート

ページ上部へ