品質保証

ニチバングループ品質方針

安全で信頼される品質と新たな機能を限りなく追求し
顧客の期待に応え
かつ満足を得られる製品を提供する

ニチバンの品質保証

継続的な人財育成をすすめ、
お客さまから信頼される企業を目指します。

品質・環境面における課題解決の取組みが、品質保証および環境保全につながります。

 ニチバングループでは、日々の業務において生産性の向上、品質の安定化に取り組むことが、結果として品質保証および環境保全につながると考えています。

 品質面においては、ニチバングループ品質方針のもと、品質リスクを予防する体制の強化を進めています。製品の開発設計、製造の各段階で不具合の発生を未然に防ぐ仕組みを運用し、有効に機能するよう継続的な見直しを行っています。また、不具合が発生した場合も背景から原因まで考察を行い、再発防止に努めています。安全で満足いただける製品を提供するにはお客さま視点で品質向上に取り組むことが重要と考え、生産部門全体で改善活動に取り組んでいます。

 環境面においては、ニチバングループ環境方針のもと、ISO14001を基本として環境マネジメントに取り組み、継続的な改善を目指しています。生産工程では有機溶剤を使用しているため、生産拠点周辺の皆さまの環境に十分配慮して管理を徹底するとともに、脱溶剤化に向けた取り組みを推進しています。CO2削減などのエネルギー消費抑制と生産性向上は連動していることから、日々の改善が環境負荷の低減につながるという意識を持ち、削減目標を設定してすすめています。

改善できる人財を育成し、組織として品質保証を実現します。

 ISO取得から20年が経過してオペレーションが一定の完成度にある現在、本質的な問題が生じたときに対処が困難になるという運用面の課題が出てきています。生産現場においては、仕組みについて本質的な理解を深めていくよう、人財育成に重点をおいて活動しています。主要な活動は以下の4つです。

1. 改善活動の手引書を作成し、改善活動に必要なスキルを示す。
2. 各工場の品質責任者が集まる定例のミーティングで改善のPDCAを共有する。
3. お客様相談室情報や工程情報を活用し、異常に気づくことができる仕組みを作る。
4. 工場ごとに改善活動発表会を実施、さらに全社発表会で各工場の活動をレビューする。

 また、生産拠点の各工場は環境面において絶対の安全・安心を確保し、地域から信頼され続けなければなりません。法令を遵守して生産活動を管理・推進するのは当然ながら、近隣住民の皆さまをはじめ有識者、自治体のご担当者さまを招いて説明会や意見交換会を開催するなど、丁寧な情報提供を心がけています。

 品質保証本部では、品質・環境面における全社的な活動レベルの向上に取り組んでいます。品質の優れた製品をお届けし、お客様から信頼される企業を目指して、継続的な人財育成を進め、組織的に品質保証を実現する体制を構築・強化していきます。

改善活動の取り組み

工場で取り組んでいる改善活動の一部をご紹介します。

埼玉工場 品質工程異常削減の取り組み

 埼玉工場では、以前から品質工程異常の削減に取り組んでいます。2014年度は工程異常の発生原因の約4割を占めるヒューマンエラー削減を重点課題として活動しました。
 活動を進める中で、メンバーによって製造作業標準書の内容を理解できてない部分があることが判明したため、理解力の向上に重点を置いて課内教育を実施しました。また作業の管理図をつけることで異常に気付ける仕組み、掲示物の見直しや更新を随時行うことで間違えにくい環境、異常が見えやすい環境づくりができました。今後も日々の教育で改善策を習慣付けていくとともに、関連部署とも連携して異常に気づける工夫をしていきます。

作業手順確認のための掲示が多数ありましたが、対策以降は本工程での異常が発生していないため、すべて撤去しました。

安城工場 検査データ活用による監視強化


定期ミーティング

 安城工場では、検査業務における結果やデータから考察・提案・発信ができる人財を育成することで監視力を高め、品質の安定化につなげることを目指しました。
 定期ミーティングや日々の検査データ確認・考察に取り組み、データから異常点を早期に発見し、対応するフローの構築をすすめた結果、検査員の力量や意識が向上しました。また、専用ソフトを使っていた管理図やヒストグラムをエクセルで作成、項目を追加し、誰でも活用できて異常点を発見しやすいデーターベースに改善しました。
 工場内で情報共有する流れができたことで、ある項目で異常点が連続発生した時も原因究明・対策まで早急に実施、安定化につなげることができました。
 今後はQC道具を活用しながら、監視する特性項目の拡大、他製品への活動展開を進めていきます。

大阪工場 コンプレッサー運用改善による効率化


電動コンプレッサー

 大阪工場では、2014年2月に電動コンプレッサーの更新を行いました。運用開始後の状況分析にて、エアー使用量の少ない低流量域での運用効率が低下していることが判明、運用改善による効率化およびCO2削減を目的に本テーマを選出しました。
 新コンプレッサーはインバータ式で電力が自動制御されますが、エアー流量を細かく監視した結果、低流量時には運転台数を減らした方が高効率となることがわかりました。また、当初はエアー流量のみで制御を行っていたところ、流量と圧力に必ずしも相関がない場合があることを発見し、新たに圧力制御も追加しました。エアーを流量と圧力の二重管理とすることで、制御台数の切り替えを円滑に行っています。
 今後は設備環境の課題解決も含めて、一層の安定稼動による効率化を目指します。

ページ上部へ