エラストポア

エラストポア&rtrade;とエラストポア™ハダ
エラストポア®の使用例
エラストポア™ハダの使用例
エラストポア®の使用例
エラストポア®の使用例

適度な伸縮性の粘着性伸縮包帯。カテーテル、チューブ、シーネなどの固定に。屈曲へのガーゼ固定や、リハビリテーション時の支持固定にも。

サージカルテープ・伸縮粘着包帯 機能別対比表PDFを開きます

概要

適度な伸縮性をもたせた綿布にアクリル系粘着剤を塗布し、固定用サージカルテープに求められる高粘着性・高フィット性・皮膚への低刺激性・使用性能を満たす粘着性布伸縮包帯です。

カタログPDFを開きます

特長

高粘着性・高保持性・高固定性

  • 粘着力に富み、各部位によくつき、重ね貼りができ固定性能に優れています。

適度の伸縮性・高フィット性

  • 患部の血行や動きを考慮した適度の伸縮性(タテ方向)があり、関節部、頭部など屈曲部位にもよくフィット、圧迫・固定性に優れています。

十分な基材強度

  • 牽引固定に使用できる強度があります。

適度な透湿性・通気性

  • 精選された基材とアクリル系粘着剤使用により、適度な透湿性と通気性を備えています。
    • 長時間の使用にも皮膚に低刺激性です。
    • 使用部位がムレにくく、発汗などの濡れにも強い素材です。
    • カブレやカユミの原因となる蛍光染料を使用しておりません。
エラストポアの拡大図

用途

固定用として

  • 創ガーゼ、パッド、シップ剤の固定(足や胸部、頭部など屈曲部位には特に適しています)
  • カテーテル、輸液チューブ、点滴針、挿管チューブの固定
  • シーネの固定
  • 手術、治療時の手足のベッドへの固定

外科処置用として

  • 肋骨、鎖骨、四肢骨の骨折時の固定
  • 止血処置における圧迫固定
  • 捻挫、肉ばなれの箇所の固定

テーピング用として

  • 捻挫、肉ばなれの予防の支持固定、リハビリテーション時の支持固定

使用上の注意

  • 皮膚カブレの原因となりますので、伸ばし過ぎにより皮膚を過度に引っ張った状態で貼付しないでください。
  • 傷口には直接貼らないでください。
  • 使用中、発疹・発赤、かゆみ等の症状があらわれた場合は使用を中止してください。
  • 使用中、水に濡れると皮膚やカテーテル、チューブなどに粘着剤が残ることがありますので、濡らさないように使用してください。
  • はがす時は、皮膚を傷めないよう体毛の流れに沿ってゆっくりはがしてください。

保管上の注意

  • 水濡れに注意し、高温、多湿、直射日光のあたる場所を避けて、室温で保管してください。

規格

品番 サイズ 1箱
No.12 12mm×5m 24巻
No.25 25mm×5m 12巻
No.38 38mm×5m 8巻
No.50 50mm×5m 6巻
No.75 75mm×5m 4巻
No.100 100mm×5m 3巻

製品に関する資料請求

このページを共有する

製品カタログ

製品に関するご質問

Q&A

製品に関するお問い合わせ

フリーコール

0120-377218

TEL 03-5978-5622FAX 03-5978-5640

受付時間

9:00~12:00、13:00~17:00 (土・日・祝日・年末年始・夏季休業期間を除く)

  • お問い合わせの際は、番号をよくお確かめの上おかけください。
  • 回答に正確を期すため、お電話はすべて録音させていただいております。