世界で唯一の「セロテープアート®」作家
アーティスト活動20周年・セロテープ®誕生70周年記念
「瀬畑 亮 セロテープアート®展 2018 in 横浜」
期間:2018年10月2日~10月28日 会場:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA

ニチバン株式会社(本社:東京都文京区、社長:堀田直人)のセロテープ®でアート作品を制作する、世界で唯一の「セロテープアート®作家」瀬畑亮(せはた りょう)氏の個展「セロテープアート®展 2018 in 横浜」が、2018年10月2日から10月28日まで神奈川県横浜市のFEI ART MUSEUM YOKOHAMA(フェイアートミュージアムヨコハマ)で開催されます。
ニチバンは、2004年に瀬畑氏とスポンサー契約を結び、材料の提供や展覧会の協賛などを通じて、瀬畑氏の活動をサポートしています。
セロテープアート®は瀬畑氏が考案したもので、セロテープ®だけを使用するアート作品です。芯となる材料を一切使わず、一からすべてセロテープ®を巻きつけて造形する独自の技法が特徴です。
本展示会では、メイン作品として「セロフラワーシリーズ」、「動物シリーズ」等の立体作品と「セロハン画」、「ラベル版画」等の平面作品を中心に新作と代表作を交え約50点を展示します。
今回の横浜展を含めた一連の2018年展示会は、瀬畑氏の活動20周年とセロテープ®誕生70周年に加え、当社創業100周年の記念として、2018年1月、港区六本木からスタートしました。その後、セロテープ®ゆかりの地である愛知県安城市、岐阜県大垣市での開催を経て、横浜の地でフィナーレを迎えます。

なお、本展示会では、当社の「第9回ニチバン巻心ECOプロジェクト」において、障がい者アーティストを対象に実施したデザインコンペの入賞作品7点を同時展示します。(詳細は次項ご参照ください。)

  • 「セロテープ®」「セロテープアート®」は、ニチバン株式会社の登録商標です。

開催概要

タイトル
アーティスト活動20周年・セロテープ®誕生70周年記念
「瀬畑 亮 セロテープアート®展 2018 in 横浜」
会  場
FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(フェイアートミュージアムヨコハマ)
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
Tel:045-411-5031/ Fax:045-411-5032
ホームページ: http://www.f-e-i.jp別ウィンドウで開きます
会  期
2018年10月2日(火)~10月28日(日)
  • 月曜休廊
開館時間
10:00?19:00(最終日は17:00まで)
入場料
無料
主  催
ベンチャーアート・プランニング
共  催
FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
特別協賛
ニチバン株式会社
後  援
株式会社サイバーエージェント
協  力
カトーレック株式会社、東京造形大学

主な出展作品

  1. 1.
    セロフラワーシリーズ

    具象的な「花のイメージ」を感じさせながらも、躍動感のある造形によって「存在しない世界にたった一つの花」を表現する抽象作品。セロテープ®は天然素材で作られており「植物形(系)の作品」というメッセージも込めています。

  1. 2.
    動物シリーズ

    セロテープアート®が世間に大きく知られるきっかけとなった「チワワ」等の初期作品に、2018年の干支でもある新作の犬(戌)作品を数点加え、「布テープによる巨大な背景画」を舞台に展示。

障がい者アーティストの作品展示について

当社は、本年4月から、一般社団法人 障がい者自立推進機構(代表理事:中井亮)が推進する「パラリンアート」の活動を支援しています。「パラリンアート」は“障がい者がアートで夢を叶える世界を作る”を理念に、障がい者が生み出すアートを活かして、障がい者の社会参加と経済的自立を推進する活動です。
支援の一環として、当社はパラリンアート登録作家を対象に、「第9回ニチバン巻心ECOプロジェクト」(下記参照)で使用する印刷物(ポスターや感謝状)のデザインコンペを実施しました。その際、瀬畑氏が選考委員を務めたことから、今回の展示会で、本コンペの入賞作品7点を展示することになりました。

  • 各種使用済み粘着テープの<巻心>を回収し、資源として再利用する環境活動

瀬畑 亮(せはた りょう)プロフィール

1974年 東京都出身
2000年 東京造形大学 造形学部 美術学科 美術専攻Ⅱ類 彫刻 卒業
世界で唯一のセロテープアート®作家

  • 幼少期(6歳の頃)にセロハンテープ遊びを始めて以来ずっとセロテープ®一筋でアート作品を作り続け、現在はテープメーカー大手のニチバン株式会社と専属作家契約を結ぶ、世界で唯一のセロテープアート®作家。
  • 2008年に練馬区立美術館で美術館での個展デビュー。オリジナルアートブランドや新しい形の『コーポレートアート』を立ち上げたパイオニアとして、全国の公立館での展覧会やTV・新聞・雑誌など、世界各国で多数のメディアに取り上げられる新進気鋭の現代アート作家。
  • ベンチャーアート・プランニング 代表/Ameba公式トップブロガー /トバリエギャラリー ディレクター

主な展覧会

  • 2003「国際現代美術展-21世紀現代美術と今-」 光州ビエンナーレ展示館 、韓国
  • 2008「特集展示 セロテープ®誕生60年記念 瀬畑 亮 セロテープアート®展」 練馬区立美術館、東京
  • 2010「第6回造形現代芸術家展~パンタヘドロン~」 東京造形大学付属横山記念マンズー美術館、東京
  • 2012「来たれ!未来のクリエイター 桑沢学園のアート&デザイン展」 八王子市夢美術館、東京
  • 2012「開館10周年・市制施行90周年記念特別展Ⅱ タッチアート!2」 川越市立美術館、埼玉
  • 2012「瀬畑 亮 セロテープアート®展 ―日常が生み出した美・不屈の美―」 兵庫県立円山川公苑美術館、兵庫
  • 2015「瀬畑 亮 セロテープアート®展 2015 in あざみ野?セロテープ®の“イマ”と“ミライ”?」横浜市民ギャラリーあざみ野、神奈川
  • 2016「東京造形大学創立50周年記念事業 美術専攻卒業生展 ZOKEI NEXT 50」 アーツ千代田3331、東京
  • 2018「瀬畑 亮 セロテープアート®展 2018 in 六本木」ヒデハル フカサク ギャラリー 六本木、東京
  • 2018「瀬畑 亮 セロテープアート®展 2018 in 安城」安城市民ギャラリー、愛知
  • 2018「瀬畑 亮 セロテープアート®展 2018 in 大垣」大垣市スイトピアセンター、岐阜

お問い合わせ先

当資料に関するお問い合わせ先

ニチバン株式会社 広報宣伝室
石田、鈴木
Tel:03-6386-7190

瀬畑氏本人へのご取材

ベンチャーアート・プランニング 瀬畑 亮
http://www.ryo-sehata.com/
Tel/Fax:042-795-4878
E-mail:info@ryo-sehata.com

このページを共有する