ソフポア

ソフポア™
ソフポア™の使用例

全方向に伸縮し、柔軟性と通気性があるテープ。術後や腹膜透析でのガーゼ固定、硬膜外麻酔や血液透析時などのカテーテル固定に。

サージカルテープ・伸縮粘着包帯 機能別対比表PDFを開きます

概要

ポリウレタン不織布にアクリル系粘着剤を塗布したテープです。優れた全方向伸縮性、柔軟性、通気性、透湿性があり、皮膚に順応して刺激が少なく、術後や腹膜透析(CAPD)でのガーゼ固定、硬膜外麻酔や血液透析時などのカテーテル固定に適しており、用途や部位に合わせて適当な長さにカットして広くご使用いただけます。

特長

皮膚刺激の発現を抑制

  • 素材には柔軟性をもつ全方向伸縮性ポリウレタン不織布を採用。貼付中の皮膚の微小な動きに順応して皮膚のストレスが軽減し、皮膚刺激の発現を抑制します。

高い通気性・透湿性

  • 通気性、透湿性に富み、長時間使用してもムレを抑えます。

高い接着固定性

  • 接着性に優れ、長時間の使用にも良好な接着固定性を発揮します。
ソフポア®の使用例1
ソフポア®の使用例2

使用方法

  1. 1

    はく離紙(裏紙)をつけたまま、ハサミなどで必要な長さに切ってください。

  2. 2

    はく離紙(裏紙)をはがし、貼付します。なお、はく離紙(裏紙)をはがす際、静電気によりテープが密着することがありますので、ゆっくりとはがしてください。

  3. 2

    はがしづらい場合は、テープエッジ部をはく離紙(裏紙)からテープ面に向けて、指の腹でめくるようにするとはがれます。

  4. 3

    貼付する際、テープは引っ張らず、静かに置くように貼ってください。

用途

  • 術後のガーゼ固定
  • 腹膜透析(CAPD)でのガーゼ固定
  • 硬膜外麻酔・血液透析時などのカテーテル固定
  • 被覆材の固定

使用上の注意

  • 伸ばして貼付すると皮膚刺激の原因となります。テープは絶対に伸ばさないで貼付してください。
  • 傷口には直接貼らないでください。
  • 使用中、発疹・発赤、かゆみ等の症状があらわれた場合は使用を中止してください。
  • はがす時は、皮膚を傷めないよう体毛の流れに沿ってゆっくりはがしてください。

保管上の注意

水濡れに注意し、高温、多湿、直射日光のあたる場所を避けて、室温で遮光保管してください。

規格

品番 サイズ 1箱
No.25 25mm×10m 12巻
No.38 38mm×10m 8巻
No.50 50mm×10m 6巻

製品に関する資料請求

このページを共有する

製品カタログ

製品に関するご質問

Q&A

製品に関するお問い合わせ

フリーコール

0120-377218

TEL 03-5978-5622FAX 03-5978-5640

受付時間

9:00~12:00、13:00~17:00 (土・日・祝日・年末年始・夏季休業期間を除く)

  • お問い合わせの際は、番号をよくお確かめの上おかけください。
  • 回答に正確を期すため、お電話はすべて録音させていただいております。