環境

環境マネジメントシステム、環境負荷データなどをご覧いただけます。

天然素材にこだわり、環境にも人にもやさしい製品をお届けする私たちニチバンは、生産や流通の段階でも、環境へできるだけ負荷をかけないよう配慮しています。

当社はでは限りある資源を有効に利用していくため、包装材料の削減に努めています。

廃棄物削減への取り組みについてご覧いただけます。

工場データについてご覧いただけます。

サステナブルな社会の実現に向けて

製品をつくり、お客さまにお届けするというメーカーとしてのニチバングループの事業活動は、地球の資源を使うことで成り立っています。カーボンニュートラルな製品である「セロテープ®」も、主原料は木材チップや天然樹脂などの天然資源ですし、その他の製品では枯渇原料である石油化学製品を使用しているものもあります。またすべての製品の製造過程では、多くのエネルギーを必要とします。
これらの事実を真摯に受け止めながらサステナブルな社会の実現に貢献するべく、当社グループではさまざまな環境対応を進めています。2018年度は、有機溶剤を使用しない製法を検討するプロジェクトをスタートさせました。溶剤への課題については、これまでも糊を熱で溶かす「無溶剤ホットメルト塗工方式」や水を使用する「エマルジョン粘着剤」の開発を進めてきましたが、さらなる技術開発により、全社をあげて「脱溶剤」を推進していきます。
また、2018年1月に稼働を開始したメディカル安城工場では新たな設備を導入し、生産性向上とともに、従来以上の省エネ・省資源を可能にしています。
その他、当社グループにかかわる環境課題としては、化学物質管理や海洋プラスチックごみの問題が挙げられます。化学物質については、原料の調達先であるメーカーと情報を共有しながら国内および海外の動向を注視し、製品の設計段階から法規制の対象となる化学物質が含まれていないかを確認しています。
プラスチックごみについては、当社の「セロテープ®」が寄与できることが大きいと考えています。「セロテープ®」はポリプロピレンを基材とするOPPテープとは異なり、プラスチックを使用していません。この製品特性をこれまで以上に広く訴求することで、“脱プラスチック社会”の実現に貢献していきます。

上席執行役員 品質保証本部長
山田 隆文

このページを共有する