省エネルギー

工場を中心に環境負荷の低減を進めています

天然素材にこだわり、環境にも人にもやさしい製品をお届けする私たちニチバンは、生産や流通の段階でも、環境へできるだけ負荷をかけないよう配慮しています。

工場・オフィスの取り組み

ニチバングループでは、環境負荷低減のためにCO2排出量や消費電力の削減に向け、空調管理の徹底やオフィスや工場内の様々な場所で使用される照明器具のLED化を順次進めています。
埼玉工場では、生産現場の空調機にデマンド制御を導入し、工場の使用電力量に合わせ、電力のピークカットを行っております。
技術センターでは、照明器具のLED化とあわせて常時点灯の必要が無い場所には人感センサーを設置し、スイッチの切り忘れ等による電力の無駄を省くよう、省電力に取り組んでいます。

デマンド制御画面
空調室外機

物流における取り組み

ニチバングループでは、物流を委託している運送会社に対してCO2排出量の削減をはじめとする環境保全活動への積極的な取り組みを要請しています。また、営業車両についてもハイブリッド車への切替えを推進するとともに、全社員へのエコドライブの定着を図るためポスターを掲示し、意識向上に努めています。
今後も引き続き鉄道利用などのモーダルシフトを検討し、CO2排出量の削減に取り組みます。

  1. ※モーダルシフト
    貨物輸送の方法を、トラックから環境負荷の低い鉄道・船舶などへ転換すること。

このページを共有する