社長からのご挨拶

代表取締役社長
高津 敏明

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当連結会計年度における経済環境は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、世界的に大規模な経済・社会活動の制限が実施され、当社グループも大きな影響を受けました。国内外の緊急事態宣言、ロックダウン等により、個人消費や企業収益の先行きは未だに不透明で、取り巻く事業環境も予断を許さない状況であります。
このような状況のなか、当社グループは中期経営計画【ISHIZUE 2023 ~SHINKA・変革~】を推進し、重点テーマである「イノベーション創出」「グローバル展開・拡大」「事業推進体制の見直しと収益改革」「AI・IoT積極活用」「持続的成長を担う人財育成」を実行し、『NICHIBAN GROUP 2030 VISION』実現に向けて取り組んでまいりました。

  1. 1.
    中長期成長エンジンの確立、イノベーション創出
    • 研究開発組織の再編
    • スタートアップ企業との協業プログラム推進
    • 顧客課題に対する提案・新規創出営業の推進、グループ社内提案制度の活用
  2. 2.
    グローバル市場へのスピーディな展開・拡大
    • 日本本社(海外事業本部)、販売子会社NICHIBAN (THAILAND) CO.,LTD.とあわせ、新たにNICHIBAN EUROPE GmbHを設立し、タイ(東南アジア・南アジア・中東地域)・ドイツ(欧州地域)を含む全世界に対する新規開拓活動の推進
    • 重点地域における戦略的パートナー探索・選別(業務提携・M&A)
  3. 3.
    事業推進体制の見直しと収益改革
    • 不採算品の価格改定、物流コスト管理見直し
    • SDGsへの取り組み・脱溶剤推進
  4. 4.
    事業戦略推進に向けたAI・IoTの積極活用
    • 戦略的データ活用と社内業務生産性向上に向けた、新基幹システムの導入開始
  5. 5.
    将来の持続的成長を担う人財育成
    • 社員エンゲージメント向上・組織マネジメント力強化の取り組み推進
    • 中期人財育成体系の再整備

以上の取り組みを実施いたしました結果、
売上高は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるインバウンド需要の消失および在宅勤務の増加に伴うオフィス勤務等でのテープ需要低迷により、前年同期比5.8%減の415億2千8百万円となりました。
営業利益は、活動制限・自粛による旅費交通費および広告宣伝費の減少等の影響もあり、販売費及び一般管理費は減少したものの、売上高の減少により、前年同期比32.8%減の20億円となりました。

メディカル事業のヘルスケアフィールドでは、ドラッグストアを中心とした大衆薬市場におきまして、鎮痛消炎剤“ロイヒつぼ膏”シリーズのインバウンド需要が新型コロナウイルス感染症拡大の影響により消失いたしましたが、テレビコマーシャルやキャンペーン等の販促活動を積極的に実施し、国内需要拡大に注力いたしました。
このような状況のなか、高機能救急絆創膏“ケアリーヴ”シリーズの売上は、テレビコマーシャルやキャンペーンの効果に加え、気温の低下やコロナ禍の消毒による手荒れ・あかぎれの増加により前年同期を上回りましたが、フィールド全体としての売上は前年同期を大きく下回りました。

医療材フィールドでは、医療機関向け医療材料市場におきまして、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による来院患者数および手術件数の減少に伴い、医療機関向けの消耗品使用量が減少し、依然として厳しい販売環境でありました。また、医療機関への訪問や学会等の対面活動は依然として制限され、Web面談を活用し、従来の営業スタイルを変えての活動となりました。
このような状況のなか、止血製品シリーズ“セサブリック”の売上は、感染対策の増加に伴い、前年同期を上回り、フィールド全体としての売上は前年並みを維持いたしました。

テープ事業のオフィスホームフィールドでは、文具事務用品市場におきまして、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による在宅勤務の継続により、オフィス向け需要が減少を続けており、依然として厳しい販売環境でありました。
このような状況のなか、SDGsをキーワードに販売活動を推進し、キッチン雑貨ブランド“ディアキチワザアリテープ”シリーズの売上は、全国自治体の食品ロスイベントを通じて認知度を拡大したことにより、前年同期並みを維持いたしました。また、「セロテープ®」の売上は、官公庁等ユーザーに天然素材を使用した環境配慮製品であることを啓蒙活動したことにより、前年同期を上回りましたが、フィールド全体としての売上は前年同期を下回りました。

工業品フィールドでは、産業用テープ市場におきまして、新型コロナウイルス感染症拡大の影響や半導体不足による自動車メーカーの生産調整で、工業塗装用マスキングテープが低調に推移するなど、全体として厳しい販売環境でありました。
このような状況のなか、食品スーパー向けの売上は外出自粛要請により、中食・内食化需要が高まり、お弁当・お惣菜の蓋固定に使用する「セロテープ®フードパックテープ」は好調に推移いたしました。また、レジ袋有料化に伴うお買い上げシール需要増加により、「セロテープ®別注印刷品」の売上は、前年同期を上回りましたが、フィールド全体としての売上は前年同期を下回りました。

また、海外事業におきましては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、先行き不透明な状況が続きましたが、リモート商談およびオンラインによる製品告知など、新たな営業スタイルの構築を検討しながら活動を実施いたしました。
このような状況のなか、中国市場におきまして、手術後の傷あとケア専用テープ「アトファイン」の展開を進めるとともに、越境ECサイトへの取り組みを強化し“ロイヒつぼ膏”シリーズの販売を拡大いたしました。さらに、アジアおよび欧州に重点を置き、高機能救急絆創膏“ケアリーヴ”シリーズや止血製品“セサブリック”シリーズなどのメディカル事業製品と、「Panfix セルローステープ」や塗装用和紙マスキングテープなどのテープ事業製品の販売チャネルの構築と製品育成に注力するとともに、ドイツ・デュッセルドルフに販売子会社NICHIBAN EUROPE GmbHを設立し、より現地に密着した営業活動の展開を開始いたしました。

第118期の取り組みについて

今後の国内経済の見通しは、新型コロナウイルス感染症の影響による経済活動の制限や、消費者心理の冷え込みなど先行きは引き続き不透明で、当社を取り巻く事業環境は予断を許さない状況であります。このような状況のなか、当社グループは中期経営計画【ISHIZUE 2023 ~SHINKA・変革~】を推進し、重点テーマである「イノベーション創出」「グローバル展開・拡大」「事業推進体制の見直しと収益改革」「AI・IoT積極活用」「持続的成長を担う人財育成」を実行し、『NICHIBAN GROUP 2030 VISION』実現に向けて取り組んでまいります。

今後とも当社グループの業績向上にご期待いただき、ご指導・ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2021年6月
代表取締役社長 高津 敏明

このページを共有する